年中行事

春分の日【Vernal Equinox Day】

春分の日

春分の日とは【About Vernal Equinox Day】

春分の日(しゅんぶんのひ)は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ。」ことを趣旨としている日本の国民の祝日の一つです。
1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年法律第178号)によって制定されました。
冬の厳しい寒さから、春の訪れとともに気候が緩やかになり、外出して自然に慣れ親しむには良い機会ですね。
袴

2019年は、3月21日(木)が春分の日です。残念ながら連休にはなりません。
2018年は、3月21日(水)が春分の日でした。週の真ん中のお休みですので、日頃の仕事の疲れを中間で癒せるように日帰り温泉やスパなどに行くのもよいでしょう。
2017年は、3月20日(月)が春分の日でした。18日(土)から三連休となりますので、自然をたたえて登山やハイキングにはちょうど良い時期でした。

春分の日は「昼と夜の長さが同じになる」とされておりますが、実際は昼の方が少しだけ長いようです。
春分の日から夏至までは、昼が長くなり、夜が短くなります。

春分の日の決め方【How to decide the day of the vernal equinox】

春分の日は、文化の日などの毎年決まった日や体育の日などのハッピーマンデー制度など、他の国民の祝日とは異なる特徴があり、日程が固定されているものではありません。
法律によれば、「春分日(しゅんぶんび)」を春分の日として採用するとされています。

春分日【Shunbunbi】

春分日は天文学上の呼び名で、太陽と大きく関係します。
太陽は一年をかけて星座(せいざ)の間をゆっくり移動しているように見えますが、その通り道を「黄道(こうどう)【Ecliptic】」といいます。
一方で、地球の赤道を天にまで延長したものを「天の赤道【Celestial equator】」といいます。
黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。
太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、春分・秋分を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼びます。

春分の日が決定されるまで【Until the vernal equinox date is decided】

天文学上の春分日が春分の日になることは理解できたとして、春分日がどのように決まるかは、正確には対象年の一年前に決定します。
国立天文台によると、太陽が春分点を通過してから次にもう一度春分点を通るまでの期間、つまり1年を正確な日数にすると365.242194日と小数点になってしまいます。
この0.242194を時間に換算する5時間49分になります。ぴったり365日ではないのですね。
この6時間弱の誤差が4年に1度のうるう年にも影響している理由です。ただ、この誤差以外にも月や惑星の引力の影響などで遠い将来の春分日を決めるのが困難なため、前年に決定されるようです。
天文学上の計算を得て春分日が選定され、通例、3月20日から3月21日ごろのいずれか1日に決まります。
毎年春分の日は、前年の国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づいて閣議で決定され、2月の第一平日に発行される官報で「暦要項(れきようこう)」が掲載され正式決定となります。

お彼岸【Higan】

春分の日といえば、お彼岸のお墓参りとしてご先祖様の供養を行います。これは日本独自の文化です。
太陽が真東から上がり、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日それぞれ前後3日の合計7日間を「彼岸」と呼びます。3日前を「彼岸入り」3日後を「彼岸明け」といいます。
仏教では、「彼岸」と、此岸(しがん)という考え方があります。

此岸・・・私たちが住んでいる世界のことで、欲や煩悩にまみれた世界とされています。
彼岸・・・此岸とは反対側の世界で、人々が欲や煩悩から解放され生死の海を渡って到達する悟りの世界とされています。

彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸が最も通じやすくなると考え、仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。

2019年は、3月18日(月)が彼岸入りで、3月24日(日)が彼岸明けです。

図説 江戸の暮らしを支えた先人の知恵! 日本の暦と和算 (青春新書INTELLIGENCE) 

  • 価格:1,203円(税込)
  • 江戸時代に確立した日本の暦と世界に誇る数学・和算の成り立ちを辿る一冊
四季折々家しごと -50歳から楽しむ暮らしのあれこれ 

  • 価格:1,512円(税込)
  • 現代の私たちに合った古くて新しい家事のヒント満載のエッセイ

ぼたもち【Rice cake dumpling】

お彼岸に「ぼたもち」や「おはぎ」を作ってお供えしたり、食べる風習があります。

ぼたもちは漢字で「牡丹餅」と書きます。もち米とうるち米を混ぜたものを蒸す又は炊きます。米粒が残る程度に臼などに入れて軽く搗いて丸めたものに、餡をまぶした食べ物です。春は牡丹が咲く頃ですが、小豆餡の様子を牡丹の花に見立てたことから春のお彼岸には、牡丹餅と呼ぶようになりました。

関連記事

  1. 天皇誕生日 天皇誕生日【Emperor’s Birthday】
  2. お歳暮 お歳暮【Year-end gift】
  3. 衣替え 衣替え【Seasonal change of clothes】
  4. 除夜の鐘 大晦日【New Year’s Eve】
  5. 年越しそば 年越しそば【Buckwheat New Year’s…
  6. 体育の日 体育の日【Sports Day】
  7. 雛祭り 雛まつり【Doll Festival】
  8. 土用の丑の日 土用の丑の日【Midsummer Day of the Ox】

新着記事

沖縄 沖縄県【Okinawa Prefecture】

沖縄県【Okinawa Prefecture】沖縄県(おきなわけん)は、日本の南西部の琉球諸島を県…

温泉 温泉【Hot spring】

温泉とは【About Hot spring】温泉(おんせん)は、地中からの熱で水が温められ、湯が…

相撲 相撲【Sumo】

相撲とは【About Sumo】相撲(すもう)は、廻し(まわし)をつけた力士(りきし)が、土俵の…

囲碁 囲碁【Go】

将棋 囲碁ニュース【Shogi Go news】2018年2月13日(火)将棋・囲碁界で初めて国…

茨城県 茨城県【Ibaraki Prefecture】

茨城県とは【About Ibaraki Prefecture】茨城県(いばらきけん)の県庁所在地…

銀座 銀座【Ginza】

銀座とは【About Ginza】銀座(ぎんざ)は、東京都中央区にある「都会の一等地」の名にふさ…

池袋 池袋【Ikebukuro】

池袋とは【About Ikebukuro】池袋(いけぶくろ)とは、東京都の豊島区にある、新宿や渋…

東京 東京都【Tokyo】

東京都とは【About Tokyo】東京都(とうきょうと)は、日本の首都で47都道府県の一つです…

こけし こけし【Kokeshi doll】

こけしとは【Cold sympathy】こけしは、人形玩具として誕生した木を削り出して作る日本の…

薬味【Condiment】

薬味とは【About Condiment】薬味(やくみ)は、「そば」「うどん」と一緒に楽しむ小ネ…

Translate:

全身脱毛

おすすめ記事

  1. 日本刀【Japanese Sword】 日本刀
  2. 上野動物園【Ueno Zoological Gardens】 上野動物園
  3. 結婚の祝い【Celebration of marriage】 結婚の祝い
  4. 東京国際空港【Tokyo International Airport】 羽田空港
  5. ビール【Beer】 ビール
  6. 独楽【Spinning Top】 独楽
  7. 蕎麦【Soba】 そば
  8. 初誕生【First birthday】 初誕生
  9. うどん【Udon】 うどん
  10. 羊羹【azuki-bean jelly】 羊羹
PAGE TOP
Translate »