弔事

納棺【Encoffinment】

棺

納棺とは【About Encoffinment】

納棺(のうかん)は、死者に死装束(しにしょうぞく)を着せて棺(ひつぎ)に納めることです。
死装束とは、個人が死出(しで)の旅に出発する時の着物ということです。
昔は経帷子(きょうかたびら)を着せ、白い三角巾を額にあて、六文銭の入った頭陀袋を首にかけ、手甲、脚絆、白足袋、わらじ、数珠、杖などで旅装束にしました。
浄土真宗や日蓮宗などでは、故人が冥途へ旅すると考えていないのでこうした旅装束はしません。


お坊さん

自宅葬の場合には、葬儀前日の通夜までに葬儀社の人が来て祭壇の飾り付けをし、その前後に白い棺を持参し、遺体を納棺します。
棺は檜、樅(もみ)張り板などで作られており、棺によっては、頭の部分が窓になっていて、そこから故人の顔が見えるようになっているものもあります。
棺の底にはなるべく薄い白い布団、または三尺三寸の白木綿を敷き、葬儀社の指図で近親者が敷布のまま遺体を持ち上げ、棺に静かに納めます。
この時、故人が生前に愛用したものを一緒に納めても構いません。ただし、燃えにくい陶製や金属製のものは避けましょう。
納棺したら蓋を閉め、金襴の棺掛を棺の上からかけて、守り刀を置き、祭壇に安置します。

納棺の儀【The rite of encoffinment】

納棺師【Funeral director】

納棺師(のうかんし)は、死者を棺に納めるために必要な作業と関連商品の販売を行う専門の職業です。
納棺師になるためにの学歴は必要がなく、葬儀会社に入社し、納棺師になるのが一般的です。
納棺師の主な仕事内容は、故人を入浴させ、洗浄する湯灌(ゆかん)や遺体が腐敗することを防ぐ目的でドライアイスを設置、顔剃りや化粧などを施します。

納棺に関連するグッズ【Goods】

納棺に関連する本【Books】

葬送の仕事師たち

  • 価格:1,512円(税込)
  • 話題作『最後の色街 飛田』著者の最新作!
親を送る

  • 価格:1,620円(税込)
  • 親を送った人、これから送る人、皆に届けたい半年間の物語

関連記事

  1. 臨終 臨終【Deathbed】
  2. 喪主 喪主【Chief mourner】
  3. 霊柩車 葬儀社【Funeral company】

新着記事

築地 築地【Tsukiji】

築地【Tsukiji】築地(つきじ)は、かつて日本を代表する市場があり、東京の活気あふれるシーフ…

宮古島 宮古島【Miyakojima】

宮古島【Miyakojima】宮古島(みやこじま)といえば、美しい海や宮古島ならではの郷土料理が…

沖縄 沖縄県【Okinawa Prefecture】

沖縄県【Okinawa Prefecture】沖縄県(おきなわけん)は最南端に位置し、南西部の琉…

温泉 温泉【Hot spring】

温泉とは【About Hot spring】温泉(おんせん)は、地中からの熱で水が温められ、湯が…

相撲 相撲【Sumo】

相撲とは【About Sumo】相撲(すもう)は、廻し(まわし)をつけた力士(りきし)が、土俵の…

囲碁 囲碁【Go】

将棋 囲碁ニュース【Shogi Go news】2018年2月13日(火)将棋・囲碁界で初めて国…

茨城県 茨城県【Ibaraki Prefecture】

茨城県とは【About Ibaraki Prefecture】茨城県(いばらきけん)は、日本の関…

銀座 銀座【Ginza】

銀座とは【About Ginza】銀座(ぎんざ)は、東京都中央区にある「都会の一等地」の名にふさ…

池袋 池袋【Ikebukuro】

池袋とは【About Ikebukuro】池袋(いけぶくろ)とは、東京都の豊島区にある、新宿や渋…

東京 東京都【Tokyo】

東京都とは【About Tokyo】東京都(とうきょうと)は、日本の首都で47都道府県の一つです…

Translate:

おすすめ記事

  1. 衣替え【Seasonal change of clothes】 衣替え
  2. 長寿の祝い【Celebration of longevity】 長寿の祝い
  3. ラーメン【Ramen】 ラーメン
  4. 山の日【Mountain Day】 山の日
  5. お盆【Obon】 お盆
  6. 和菓子【Japanese confectionery】 和菓子
  7. ハロウィン【Halloween】 ハロウィン
  8. お月見【Moon viewing】 お月見
  9. 沖縄県【Okinawa Prefecture】 沖縄
  10. お米【Rice】 お米
PAGE TOP
Translate »